仮想デスクトップの魅力として、まず挙げられるのがインターネットに接続さえできれば、業務をどこであっても、いつであっても普段と同様の環境で遂行できるということです。場所はオフィスの外だけでなく、フリーアドレスオフィスという方式を採用している社内などでも効果的に活用することができます。そして、自然災害などが起きたときでもサーバーがダウンしていなければ、自分の家から接続することがでるというのも魅力の一つです。近頃は新たな働き方として出勤せずに在宅で勤務することを検討している会社も多くなってきていますが、そのときでも活用できるというのも魅力の一つになります。またサーバーに操作を行う端末が限定されないので、BYODという私物の端末も利用しやすいというのも魅力の一つです。

情報漏洩を未然に防げるなど様々な魅力

仮想デスクトップは、アクセスしたノートパソコンなどといったデバイスが盗難にあったり、紛失したりしたときなども、その端末にはサーバーとやり取りした情報が何も残らないため情報漏洩のリスクを最低限に抑えることができるというのも魅力の一つとなります。突然端末が故障してしまったとしてもデータを取り出せないということも全ての情報がサーバーの方にあるため起こりません。別の端末を用意すれば業務が勧められるというのが魅力の一つです。また、サーバー側でアクセスできるアプリケーションを管理しているため、使うことができるアプリケーションを利用者によってコントロールできるだけでなく、OSやアプリケーションの更新時期などを予め確認しておけば、良く起こる更新によるトラブルを防止することもできます。

たくさんの魅力により運用管理が簡単になる

仮想デスクトップは、サーバの管理者が一括でセキュリティパッチを適用させることができるため、セキュリティのレベルが一定に保つことができるという魅力もあります。基本となる仮想パソコンの環境を一件作り上げれば、後はその環境をサーバの中で単純にコピーを繰り返すことによって仮想パソコンの数を増やすことが可能で、必要としない環境は削除してしまえば仮想パソコンの数を自由に減らすこともできるというのも魅力の一つになります。サーバの容量がもしも足りなくなって、サーバのデータを他のサーバに移動させたり、機能を強化したいときも、仮想パソコンを作り上げているデータをコピーして新たなサーバや、強化したサーバに貼り付けるだけでできるというのも魅力の一つになります。これらの魅力によって、パソコンをそれぞれ運用するよりも、簡単に管理ができるようになります。

Tintri VMstore T5080の参考価格7,400万円です。 その他大阪や名古屋にも支店があり、全国をカバーしています。 仮想環境のワークロードを自動最適化するストレージ。 プライベートクラウド、パブリッククラウド、サービス事業者様のインフラとしての導入実績が豊富です。 高性能のオールフラッシュシリーズと低価格のハイブリッドシリーズからお選べいいただけます。 仮想デスクトップの導入をお考えの方は【Tintri(ティントリ)】におまかせを